Tree of life 生活の木

薬香草園

11月のメディカルハーブガーデン

2015.11.15

木々の紅葉した葉も落ち始め、

だんだんと冬に向っていくように感じられます。

 

季節のガーデン作業は、生垣の刈込み、除草、枯れ枝剪定、
移植などをおこなっています。

寒さに弱い多年草ハーブの冬越し対策も必要となってきます。

 

---------------------------------

突然ですが

なぜ、寒さに弱い植物があるのでしょうか。
それは、原産地に関係があります。

 

原産地の気候に適応した性質を多く残しているので、
温暖地産・熱帯地産のものは、半耐寒性や非耐寒性となります。

 

たとえば、

レモングラス(非耐寒性)→原産地 インド
スイートバジル(非耐寒性)→原産地 熱帯アジア
ローゼル(非耐寒性)→ 原産地 アフリカ北西部

 

これらは掘り上げてハウスに移動したり、

株元を腐葉土で多い霜よけをしたりして寒さに備えます。

 

----------------------------------------------------------------- 

 

パイナ~1.JPG

お庭ではパイナップルセージ(原産地メキシコ)が咲いています。
葉にパイナップルのような香りがあり、葉はお茶として飲むこともできます。

 

日が短くなると花をつける短日植物で、秋~冬の霜が降りるくらいまで花を楽しめます。

 

【観賞エリア】ヒーリングの丘


メキシ~1.JPG

メキシカンブッシュセージ(原産地メキシコ)
アメジストセージの別名でも親しまれ、こちらも短日植物です。
 
秋~冬の霜が降りるくらいまで花を楽しめます。
食用にはしませんが、ポプリやドライフラワーにできます。
 
【観賞エリア】ショップ前、ヒーリングの丘など

---------------------------------------

冬越しの仕方がどうすればよいか迷った時は

ガーデナーにぜひお尋ねください。

おまちしております!

薬香草園コンテンツ
園内施設情報

PAGE TOP