Tree of lifeの創造 生活の木

薬香草園

11月のハーブガーデン

2018.11.15

立冬も過ぎ、暦の上では早くも冬となりました。

     

   

この時期と言えば紅葉でしょうか。
薬香草園のモミジバフウは10月末から色づいてきました。

あ.jpg

葉が赤色に変わるのを「紅葉(こうよう)」、
黄色に変わるのを「黄葉(こうよう・おうよう)」、
褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と区別されますが、
厳密に区別するのが困難な場合が多く「紅葉」として扱われることが多いそうです。
スギやケヤキは褐葉する種類になります。

    

     

今月も見どころを紹介します。
まずは、「レモンマリーゴールド」。
い.jpg
葉には柑橘系の強い香りがあり、根からの分泌液がナメクジやセンチュウを
寄せ付けない効果があると言われています。
ガーデンツアーではお客さまにハーブの香りを楽しんでもらいますが、
ハーブの中でも好き嫌いが分かれる強い香りだと思います。

    

う.jpg
寒くなっても緑が綺麗な「ヤロウ」。
スウェーデンでは古くからビールの製造やリキュールの風味付けに
利用されていたそうです。
生の葉をサラダにしたり、全草を乾燥させてお茶に使用します。

     

え.jpg
赤と白のツートンカラーのお花を咲かせる「チェリーセージ ホットリップス」。
ホットリップスのお花は少し変わっていて、気温が低いと白色が多くなり、
気温が高いと赤色が多くなります。2~3㎝程のかわいいお花です。

     

お.jpg

栄養価が高い「食用ホオズキ」。
「ゴールデンベリー」の方がなじみがあるでしょうか。
ペルーではインカベリーとも呼ばれ、デザートやジャム、ジュースやワインなど
古くから一般的に食べられています。甘酸っぱく美味しい実です。

      

か.jpg
ガーデンで「ラッカセイ」が実りました。
6月から種を蒔き10月に収穫、去年よりも沢山の実をつけてくれました。
食べても美味しいのですが、冬期の野鳥のご飯となる"ピーナッツリング"を
作るために育てた落花生です。
冬期は野鳥たちの可愛い姿もぜひ見に来てください。

       

     

     

今月も温かい美味しいハーブティーをご用意し、
お客様のご来店をお待ちしています。

薬香草園コンテンツ
園内施設情報

PAGE TOP