Tree of life 生活の木

薬香草園

12月のハーブガーデン

2019.12.15

例年より暖かいまま12月になりました。
紅葉した葉がしだいに落ちて、お庭は冬景色へと衣替えの真っ最中です。
霜が降りる前に見られる束の間の表情をご紹介します。

 

 

 

 
マヌカ

ニュージーランド産ハチミツとして世界的に人気があるマヌカハニー。
そのハチミツが採れるお花です。
日本ではあまり見かけることがありませんが、
枝いっぱいに白やピンクの小さな花が付く姿はとても可憐です。
マヌカ(白).JPG


マヌカ(ピンク).JPG

 

 

 

ヤツデ

「天狗のうちわ」とも呼ばれる大きく特徴的な葉をしたヤツデは
その花もやや個性的な形状。
寒い時期に花が咲くため、甘い蜜と独特の香りを放って虫達を呼び集めます。
ヤツデ(花).jpg

 

 

 

レモン

今年もレモンが色付き始めました。
見た目にも可愛らしく、料理で活用できることもあって
育ててみたい植物としても人気です。
成長が早く見込める鉢植え栽培もオススメです。
レモン(色付き始め).JPG

 

 

 

ピンオーク

独特の形状をしたピンオークの葉。
黄葉した葉はしだいに光沢のある茶色になり
落葉した大きな葉っぱが辺りの地面に降り積もると冬を感じます。
ピンオーク (2).JPG

ピンオーク.JPG

ピンオーク (3).JPG

 

 

 
ヒース

先月はツボミの状態でまだ白っぽかったヒースも
12月に入って一気に開花し濃いピンクで木が覆われて
お花の少ない季節でも垣根を華やかにしてくれています。
ヒース.JPG

 

 

 
クロガネモチ

光沢のある緑の葉っぱに真っ赤な実が付くクロガネモチ。
この時期にワクワクさせてくれる
見事なクリスマスカラーは圧巻です。
クロガネモチ(UP).JPG

クロガネモチ.JPG

 

 

 

マツ

クリスマスリースに欠かせない松ぼっくりが
今年もしっかりと育ってきています。
もうすぐ地面いっぱいに落ちてくることでしょう。
マツ(松ぼっくりUP).JPG

 

 

 

ブータンルリマツリ

花壇の縁取りやコンテナなどに多く植えられ
花が長い間咲いてくれることも魅力です。
紅葉して、美しいコバルトブルーの花が良く目立っています。
ブータンルリマツリ(UP).JPG

ブータンルリマツリ.JPG

 

 

 
ピラカンサ

秋のリース作りでも大活躍だったピラカンサ。
10月頃に黄色だった実が今は深いオレンジ色になっています。

 12月ピラカンサ(黄色→オレンジ).JPG

 10月ピラカンサ(10月).JPG

 

 

 

ヤマコウバシ
鮮やかなオレンジに色付いた葉がとても印象的。
「山にある香ばしい木」という名前の通り
枝葉を折ったり、葉を揉んだりした際に
ショウガのような香りが漂います。
ヤマコウバシ.jpg

 

 

 

 

 

 
絵になるひととき

 
メキシカンブッシュセージ.JPG

12月初旬
AM10:00頃

暖冬の影響で今年は長くお花が見られ
ビロードのようなもこもこの花が
冬景色にも良く似合います。
霜が降りるまでの美しいひととき。

 

 

薬香草園コンテンツ
園内施設情報

PAGE TOP