Tree of lifeの創造 生活の木

薬香草園

1月のハーブガーデン

2020.01.15

良き新年をお迎えのことと存じます。
朝晩の寒さが厳しくはなってきましたが、
例年よりも温かい新年の始まりとなりましたね。
皆さまが健康でご多幸に恵まれますように
寒さの中でも元気に育つ植物の姿をご紹介します。
 
 
 
ダイダイ
 
ダイダイは、実が長期間枝に残る様子から
代々続く縁起の良い木とされ、お正月飾りに用いられています。
冬に一度熟して黄色くなっても翌春にまた緑色に戻るため
「回青橙(かいせいとう)」と呼ばれることもあります。
五弁の花が咲く初夏には、さわやかな良い香りが漂ってきます。
ダイダイ(UP).JPGダイダイ.JPG

 
 


ツバキ
 
日本原産であるツバキは、江戸時代からある古典品種も人気があります。
冬でも青々と茂る常緑樹を日本では神聖視する文化があり
松や榊のようにツバキも神聖な植物として扱われてきました。
まもなく開花という蕾がたくさん付いています。

ツバキ.JPG

 
 
 

 
ハイビャクシン
 
ローズマリーのような葉の付き方で、這うように伸びるハイビャクシン。
草丈は30センチ程で、もこもこと群生するため
常緑のグランドカバーとしても活躍します。
ガーデンの斜面を勢いよく覆ってくれているグリーンが鮮やかです。

ハイビャクシン.JPGハイビャクシン(UP).JPG
 
 
 

 
ワタ(茶綿)
 
今年は白綿、茶綿共に少し遅めでしたが無事に可愛らしい姿が見られました。
花が終わった後の1ヶ月ほどで果実がはじけ、コットンボールが現れます。
この種の周りに付いたもこもこの毛を収穫して
服やタオルなどに使われる繊維が作られています。

茶綿.JPG

 
 
 
 
ブットレア "シルバー アニバーサリー"
 
花や葉が少なくなるこの季節、名前にシルバーと入っている通り
ブットレア シルバー アニバーサリーの輝く銀色の葉が一際目立ちます。
一般的な品種に比べて樹形がコンパクトなため鉢植や花壇にもオススメです。
夏から秋にかけてボール状のユニークな花が咲き香ります。

ブットレア シルバー アニバーサリー.JPG
 
 
 

 
ミモザ
 

日本でも春を告げる花として定着しつつあるミモザ。
オーストラリアでは日本でいう桜のようなイメージで認識される程
春の代表的な花とされています。
春に注目されがちなミモザですが、
早朝、冬の太陽のやわらかな日差しに浮かぶシルエットも素敵です。

ミモザ.JPGミモザ(シルエット).JPGミモザ(シルエット2).JPG
 

 
 
 
 
絵になるひととき
 
絵になる風景(.JPG絵になる風景( (2).JPG

AM8:15
夜にうっすらと降りた霜が朝日に照らされて
徐々に溶けゆく僅かな時間にだけ見らえる風景。
ビャクシンやナンテンの葉に付いた雫が
銀色に光り輝く縁取りのように。
年初めにふさわしく、朝の冷気に身も引き締まります。

 

 

薬香草園コンテンツ
園内施設情報

PAGE TOP