Tree of lifeの創造 生活の木

セミナーレポ―ト 世界の愛茶 ルイボスティーを愉しむ~南アフリカ共和国大使公邸で過ごすひととき~ セミナーレポ―ト 世界の愛茶 ルイボスティーを愉しむ~南アフリカ共和国大使公邸で過ごすひととき~

2018年6月28日 於:南アフリカ共和国大使公邸
眩しい夏の日差しの中、美しいルビー色のハーブ「ルイボス」を存分に愉しむセミナーが開催されました。
その一部をご紹介いたします。

毎回人気の大使館セミナー。今回の主役は「ルイボス」です。
ルイボスは、遥か遠き南アフリカのみに生育し、不老長寿のお茶として飲まれている植物。ノンカフェインの健康茶として、世界中の人々に愛され、老若男女に親しまれているハーブです。

今回のセミナーは、ルイボスの原産国・南アフリカ共和国の駐日大使公邸にて、NHKスペシャルなどメディアでも活躍されている高倉伸幸教授(大阪大学)をお招きし、ルイボスティーの魅力についてご講演いただきました。

セミナーの合間には、ルイボスをふんだんに用いたスイーツやドリンク、そして佐々木薫のセミナー等々、盛りだくさんのプログラムが行われました。

Seminar

第1部

大阪大学 微生物病研究所教授 高倉伸幸氏より「毛細血管のゴースト化によるアンチエイジングの実践」
—ルイボスティーによるTie2(タイツー)受容体の活性化とは?—

ゴースト血管やTie2についてなど、難しいメカニズムや専門的な用語も含め、大変わかりやすく、楽しくお話いただきました。

第2部

佐々木薫による『おいしい習慣”ルイボスティー” 美と健康のための赤いお茶を訪ねて』
実際に産地で感じた、南アフリカの風土や豊かな植生、ルイボスティーの楽しみ方など、様々な活用術が紹介されました。

(左から)生活の木 佐々木薫 / 駐日南アフリカ共和国特命全権大使(当時) サイレンス・ロモ氏 / 大阪大学 微生物病研究所教授 高倉伸幸氏

Rooibos & Fruit Tea Party

ルイボスティーとフルーツを組み合わせた数種のドリンクや、ベイクドチーズケーキ・パンナコッタなど、すべてにルイボスを使用した様々なスイーツをお召し上がりいただきました。

冷たいハーブティーが心地よい、夏の日差しの中で、大使公邸宅のウッドデッキや公邸内の優雅な空間でゆったりとお過ごしいただけたかと思います。

プロティア -南アフリカ共和国の国花-

セミナー最後には、ルイボス&南アフリカにかかわるクイズ大会も!皆さん全問正解となり、出題者もびっくり。5名の方へ南アフリカ共和国の国花、プロティアの花束が贈られました。

生活の木ハーバルライフカレッジでは、世界各国の香りある文化や歴史に触れる場として、これからも大使館や様々なコラボレーションによる特別なセミナーを開催して参ります。どうぞお楽しみに!

PAGE TOP